フォトフェイシャルとはabout photo facial

光で素肌を変える、フォトフェイシャル®とは

年齢を重ねるごとに気になるシミ・そばかすくすみ赤ら顔小じわ毛穴の開きハリなどの肌老化。
フォトフェイシャル®はシミ・ソバカスの原因であるメラニン色素や、赤ら顔の原因であるヘモグロビンなど、複数の色素にダメージを与え、今まであきらめていた様々な肌トラブルを同時に改善します。
くすみや赤みを同時に改善することで、本来の肌状態やお肌の透明感を得ることができ、 さらにコラーゲンを作り出す繊維芽細胞の働きを活性化させるため、内側からキメの整ったハリのある素肌に導きます。
施術時間も短く、肌へのダメージも大変少ないので、終わってすぐに洗顔やメイクをすることができるのも特徴です。

なぜ光で美肌になるの?

フォトフェイシャル®の光が、肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管など)に当たると、光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットにダメージを与えます。 フォトフェイシャルの光はターゲットのみに反応するため、素肌を傷つけることなく、トラブル部分のみにダメージを与えることができます。同時に、コラーゲンを増生することにより、肌のキメや質感を整え、ハリのある肌を保ちます。

乾燥、紫外線によりメラニン色素が沈着して、シミ・ソバカスのできた肌。

顔全体にフォトフェイシャル®の光を照射します。1回の施術時間は15分程度です。

光によって肌が活性化し、肌老化の症状が改善し、きめが整います。

施術の種類

シミ・そばかす、赤ら顔などの肌トラブルを改善する美容医療は、フォトフェイシャル®やレーザーが一般的です。 フォトフェイシャル®の光はIPL(Intense Pulsed Light)と言って、レーザーとはまったく異なる特性があります。カウンセリングを受け、ご自身の希望や症状に合った施術を受けることが大切です。

肌トラブル レーザー フォトフェイシャル®
シミ・ソバカス ルビーレーザー(694nm)/ アレキサンドライトレーザー(755nm) IPL(500~1200nm)
小ジワ YAGレーザー(1064nm)
毛穴の開き 炭酸ガスレーザー(10600nm)/ YAGレーザー(1064nm)
赤ら顔・血管拡張症 ダイレーザー/KTPレーザー(532nm)
レーザー   IPL
1回(または短期間)の施術 期間 3~4週間に1回の施術が目安
傷になる
(施術後ガーゼやバンソウコウを貼る必要がある)
Down Time No Down Time = 傷にならない
(施術後すぐの洗顔・メイクが可能)
痛みが強い 痛 み 輪ゴムでパチンとたたいたような痛み
麻酔必要 麻 酔 麻酔不要
ターゲットのみを改善
(例えば、シミ、赤ら顔だけ)
施術後 顔全体を改善
(例えばシミ、赤ら顔だけでなく、肌全体を改善する)